お隣りの海ぶどうやさん

嫁ニーさん
お隣りの「海ぶどうや」さん

嫁ニーというニックネームで今や有名となってしまったお隣りの海ぶどうやさん。
国際通り沿いの「居酒屋じなんぼう」も経営されています。

今年はテレビにひっぱりだこだったようで東京出張、新商品開発、物産展出展、2号店開店準備にとすごく忙しそう~ です!
身体、大丈夫なのかな?と思っていたら先週くらいに高熱が出たとのこと。
この写真を撮る直前くらい?だったのかもしれません。

でもこの笑顔!
さすがです。
いつも楽しそうにお仕事をされているのが素晴らしいですね!!

そういえばじなんぼうに置く三線を購入されたことや修理にご来店されたこともあります。
今回も修理に来られたところをパチリ♪

新商品のお菓子「黒い濃人」楽しみにされている方も多いのでは…
Twitter を拝見したところ、黒い濃人のタオルもあるとか。
海ぶどうTシャツは売り切れですが黒い濃人のタオルやTシャツはまだ販売されているようですよ~

黒い濃い人は↓から(お菓子の一般販売は来年?)
黒い濃人
 https://kurokoi.official.ec/


海ぶどうのオンラインショップ
想いっきり海ぶどう
 https://umibudou.official.ec/

ナビィ三線でお買い上げの後にお隣りでお土産に海ぶどうをご購入されると一石二鳥?


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~
想いっきり 海ぶどう
沖縄県那覇市牧志3-9-11
tel: 098-996-4993
営業: 11時~21時
~ ~ ~ ~ ~ ~ ~~

同じ建物なので 住所はナビィ三線と同じですよ^^

================
ナビィ三線
沖縄県那覇市牧志3-9-11
tel:098-861-3494
================



★蛇皮の扱いで気をつけること

三線の温湿度管理

蛇皮のウロコがめくれてきました・・・
ささくれのようになってきました・・・
これって放っておいて大丈夫でしょうか。

というようなお問い合わせを時々頂きます 。

沖縄であればある程度の湿度があるので
お手入れなんて殆どいりません。

三線の蛇皮の一番のお手入れは毎日弾くこと!
これに限るわけですが。。。

沖縄ではティーアンダー(手の脂)が一番とよく言われます 。

※以前にも書いたと思いますが、直訳すると「ティーアンダー = 手の脂」
となるんですが、実際は「かわいがる」という意味で用います

なので、三線をすぐ手にすることが出来るよう近くに置き
「三線をよく弾いてあげる」「皮を撫でてあげる」ということにするとよいでしょう
蛇皮を撫でてお手入れ

また練習が終わったら、乾いた柔らかな布で棹をふいてあげるなど。。。
(ケースにしまいっぱなしにしないでくださいね)

沖縄ではこれで十分ですし三線は基本的に余計な手を加えないのがよいと思います 鍵

ですが、本土の冬場の乾燥は地域にもより強烈だったりしますよね

こういうときはどうするか。。。
“★蛇皮の扱いで気をつけること” の続きを読む

思い出の蛇皮と、上達がグンと早くなる歌口~三線の修理

皮の張り替え~本張りから強化張りへhttps://www.nabbie.com/info-repair.html

祖父が使っていた三線の皮を張り替えて欲しい」とのご依頼を受けました。
割と年代物の三線でしたが裏面の皮はまだまだ良好な感じだったので、今回は表面だけの張り替えとなりました。

皮の剥がし作業 ~ 皮の張り替え

いつものように端から少しずつ剥がしていきます。
今回はとある目的のためにいつもより慎重に作業を進めます。

“思い出の蛇皮と、上達がグンと早くなる歌口~三線の修理” の続きを読む

眩しい仕上がり!輝く鏡面塗りが仕上がりました!

比屋根氏の美麗塗り02

国際通り近くの三線屋ナビィ三線です。

先月、塗り直しに出していた棹が2本、今日お店に帰ってきました。

沖縄一との呼び声高い「比屋根氏」による輝きの鏡面仕上げです。

比屋根氏の美麗塗り01

試しに外の景色を棹に映してみました。

写真から美しさが伝わるでしょうか?

表面がていねいに高精度に研がれているので、シャープにハッキリと映ります。

比屋根氏の美麗塗り02

嫁ニー」で有名なお隣の海ぶどう屋さんの看板を映してみました。

まるで鏡のように映ります。

本当に凄い仕上がりです・・・。

O様、週明けにでも発送いたしますので楽しみにお待ちくださいね。

比屋根氏の美麗塗り03

天の部分をアップでパチリ。

棹のカーブ具合が電線の映り具合でよく分かります。

青空だったらもっと綺麗な写真になったと思うとちょっと残念・・・。

比屋根氏の美麗塗り04

こちらは塗り直しに出していたもう1本の棹です。

棹の裏側を中心に黒木の芯が通ったシンクマヤーとも言える棹ですね。

お客様の手作り品とのことでしたが、塗り直しをしたことで魅力がさらにアップした感じです。

間もなくお渡しが出来る状態になりますので楽しみにお待ちくださいね。(^^)

(文章・写真:店主)

あなたの三線も塗り直しをしてみませんか?
その美しい仕上がりに、モチベーションアップになること間違いなし!
比屋根氏による鏡面塗り直しの料金は18,000円、期間は約1~2ヶ月です。時期によってはもう少しお時間をいただくこともあります。
詳しくは「ナビィ三線 修理・調整ページ」をご覧ください。