人工皮から蛇皮強化張りへの張り替え

人工皮から蛇皮強化張りへの張り替え

紫檀三線-張り替え
以前に「紫檀三線」をご購入のお客さまより「人工皮を蛇皮強化張りに張り替えて欲しい」とのご依頼がありました。

「ライブに使う為に蛇皮の音色が欲しい」という感じのご要望です。

まずは人工皮の剥がし作業です。
皮の隙間から丁寧に剥がしていきます。

「どうせ張り替えるんだから」と、刃物を立てて破り捨てるお店も多いのですが、自分は面倒でも綺麗に剥がすようにしています。

両面の皮が剥がれました。

皮を剥がしたあとは残った接着剤のお掃除です。

いきなり張り上がった写真でスミマセン…。

最適な厚みの皮をチョイスし、模様が綺麗に入るように調整して切り分けた1番皮を張らせて頂きました。

お客さまご指定品の胴巻きを取り付けて、完成です。

ご希望の音色に少しでも近付けている事を祈りつつ、発送させて頂きました。

新しい姿にバージョンアップされた紫檀三線で、今後も楽しい三線ライフをお送りください!(^^)

★ ナビィ三線へ修理のご依頼・お問い合わせはこちらからも承っております → http://www.nabbie.com/info-repair.html

★ 修理・調整の価格はこちらからご確認できます → http://www.nabbie.com/info-repair.html

(文章・写真:店主)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

“人工皮から蛇皮強化張りへの張り替え” への2件の返信

  1. 購入当初の紫檀棹に人工皮(上等)の組み合わせは、扱いの気軽さはありますが、音色と絃の反発の硬さが気になりだしました。本皮も検討したのですが、野外に持ち出すこともあるため強化張り(上等)をお願いしました。
    音は大きく変わり、紫檀棹の良さが引き出されているように感じます。より楽しく練習ができそうです。

    1. ハラボーさん
      コメント有難うございます^^
      張り替え後の音も気に入られたようでよかったです。

      紫檀の棹は硬度が高いので、一番最初の弦の振動自体がシャープな物になりますね。

      弦の振動を皮によってどんな形で増幅させるか…。
      棹の質は一本一本それぞれに異なるので、そこが悩みどころですが、今回は目標とする音色があったので張りのバランスを比較的決めやすい感じでした。

      新しく生まれ変わった紫檀三線の音色を、練習やライブなどで活用して頂ければ幸いです。

      また何かご要望やご質問などありましたら、いつでもお知らせください。
      今後とも楽しい三線ライフとなりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です