こんな三線には気を付けて!
よくありがちな5つのがっかりポイント

当店には数多くの三線が修理に持ち込まれますが、その中でも特に多かった不具合を紹介します。

お客さまに購入店を聞くと、やはり「商品を横流しするだけの三線店」の名前が多く上がってきました…。

「職人が製作」と書いてあっても、「職人」と呼ばれる方々の技量には大きな差があるのが現状です。(料理人や芸人などと同じ事です)

良い三線を選べるように、以下の5つのポイントを押さえておきましょう。

がっかりその1
調弦しにくいカラクイの三線

あるある度:
よくありがちな残念なカラクイ

よくありがちな「残念なカラクイ」

カラクイを回して調弦をしようとしても滑ったり止まらなかったり、もうウンザリ…。

写真のようにカラクイを荒削りのままで済ませる職人が非常に多いのが、三線業界一番のがっかりポイントです。

快適な回し心地を実現する、丁寧に削られたカラクイ

ナビィ三線ではカラクイを丁寧に削っています。

摩擦をきちんんと調整し、止まりやすさと回しやすさを両立させています。

正しい回し方を習得するのにも最適なカラクイです。

※チャレンジ三線を除く

がっかりその2
弦が動かない歌口の三線

あるある度:
引っ張っても少しも動かない…きつ過ぎる歌口の溝

よくありがちな「弦が動かない」三線

3本の弦を支える大事な部品である「歌口」。

溝をきちんと削らない職人が多く、写真のように弦が溝に食い込んで動かない三線が数多く見受けられます。

この症状のある三線は楽器として完全に不良品です

スムーズな調弦はもちろん、弦へのダメージも最小限の精密に削られた歌口

ナビィ三線では弦に合わせて溝の幅をきちんと調整しています。

弦の通り道も丸く削り、摩擦を最小限に抑えたスムーズでストレスフリーな歌口に仕上げています。

がっかりその4
硬くて鋭い音色の三線

あるある度:
板三線の音色をお求めですか?

よくありがちな「張りが強すぎる」三線

硬くてキンキンとした強い張りを良しとするお店がまだまだ多く、これではせっかくの癒しの時間も台無しです。

パンパンに強く張られた人工皮や強化張りは、まるで一枚の板のよう。

板張り三線に似た「鳴りが悪く深みのない音色」になるのも当然です。

沖縄の海を思わせる柔らかで優しい音色です

三線の魅力はなんといってもその南国的な音色でしょう。

ナビィ三線では現代人の好みに合った最適な強さで皮を張っています。

店頭アンケートでは8割のお客さまが、当店の「柔らか目の音色」を選びました。

弾き疲れしない「優しい癒しの音色」が自慢です。

がっかりその4
西洋楽器と勘違いしてる三線

あるある度:

チューナーに頼り切って、安易にポジションシールを貼ってしまっているお店が多く存在します。

そのような三線の音程は西洋的で、南国らしさがあまり感じられないことも…。

ポジションシールの位置は専用音程とは異なる沖縄ポジション。独特の音程を大切にします

ナビィ三線のポジションシールの位置はちょっと緩めの沖縄ポジション。

民謡、古典、もちろんポップスにもOK!

西洋音程とは雰囲気や空気感が違う、南国的な音程が簡単に味わえます。

がっかりその5
棹の角度がいいかげんな三線

あるある度:

棹の角度調整は、三線組み立て作業の中で一番基本となる大事なセッティングです。

この角度が棹と合っていない為に「弦の浮き上がりが高すぎて弾きにくい」「逆に低すぎてノイズが発生しやすい」といったトラブルを抱えた三線が数多く販売されています。

ブーアティは三線組み立ての要。棹に最適な角度でセッティングを行います

専門用語で「ブーアティー(分当て)」と呼ばれる棹の角度調整は、0.1度の精度を必要とする繊細な調整です。

ナビィ三線では早弾きにも情け歌にも柔軟に対応出来るように、弾きやすさと低ノイズを突き詰めたセッティングを行っています。

※チャレンジ三線を除く

あなたの三線は大丈夫?

上記のような症状がある場合は

お手持ちの三線に上記のような症状がある場合、保証期間内であればまずは購入店舗へご相談ください。

良心的な店舗であれば無償での修理対応が期待できるはずです。

当店では、他店保証期間内の三線の修理は出来かねます。

大手ショッピングサイトにご注意ください

上記の症状は、Amazonや楽天、Yahooショッピングに出店している店舗の三線について、お客さまより多くの報告を受けています。

このような基本的とも言える事をおろそかにするお店が非常に多いのが現状で、とても残念な事です。

価格やセット内容ばかりに捕らわないようにする事も大切でしょう。

当店への修理・調整依頼

当店にて修理・調整をご希望の場合は、三線の修理・調整・カスタマイズのページをご参照ください。