弦の間隔を調整し弾き心地改善!

3本の弦幅を13ミリに拡張 お客様の求める弾き心地になりました

~ 歌口の修理 ~

今回は「歌口の弦間隔」の修理です。

修理前の状態

修理前の状態はこんな 感じです。

弦の間隔が不揃い(右側が狭い)なのに加え、3本の弦全体も右に寄ってしまっています。

このまま使い続けると演奏上良くないクセが付いてしまう恐れがあるので、早急に修理が必要な状態でした。

弦幅12ミリで歌口を作り直しました

溝の位置を正しく刻んだ歌口を、新しく取り付けました。

しかし、以前の弦間隔に慣れていた影響からか「男弦の振動がまれに指に当たってビビリ音が発生してしまう」(男弦を弾いたあとに中弦を弾いたとき)というトラブルが新たに発生。

“弦の間隔を調整し弾き心地改善!” の続きを読む

★年末に向けて 三線の修理 ラッシュ?!

唄口の修理

============
 三線の修理ラッシュ
============

蛇皮の張り替え
三線の蛇皮の張り替え

先月下旬ごろから三線の修理ラッシュが続いています。
店頭へのお持ち込みはもちろん、ご送付いただいての修理も…
同じ日に三線が2件届き、カラクイが2件届き、お持ち込みが3件なんていう日もありました。
なので狭いお店がさらに狭い状態に…なっていました。
.
.
今もそれに近い状態が続いておりますが、現在のところほんの少し落ち着いたかなという感じですね。

私たちは三線の「修理」と言っていますが、ギターや他の楽器の場合には「リペア」とも呼ばれていますね。
他の楽器を演奏されている方には「リペア」と言った方がわかりやすいかもしれません。

皮の張り替えにカラクイの修理、唄口の修理、分当てと…
いつもなら、皮の張り替えばかり、カラクイの修理ばかり、なんてことが続くのですが、今回はどれも…という感じです。

なので届いたその日に封を開けられず、数日してからやっと開けられるという。
そんな状態ですので、お届けまでにしばらくお時間がかかることがあります。
修理をお申し込みいただいた皆さま、大変申し訳ございませんが、しばらくお待ちくださいませ。

“★年末に向けて 三線の修理 ラッシュ?!” の続きを読む

折れたカラクイの交換 ってどうやるの?

折れたカラクイ

今日の修理は 「 折れたカラクイの交換 」 です


「久しぶりに三線を弾こうしたら、調弦する時に折れてしまった」と、残念そうな表情で来店されたお客さま。

この日はたまたま急ぎの修理などが無かったので、お客さまのモチベーションが下がり切ってしまう前に練習再開が出来るよう、最優先で作業に取り掛かりました。 “折れたカラクイの交換 ってどうやるの?” の続きを読む