グラグラ棹の上等(?)三線…

一見すると正常に見える三線、実は・・・

お客さまより「棹がグラグラ動くので直して欲しい」との依頼がありました。

早速三線をチェックしてみると・・・

一見すると正常に見える三線、実は・・・

この状態では一見すると普通に見えますが、棹に少し力を加えるだけで・・・

棹に少し力を加えるだけでグラグラと動きます

先ほどの写真と比べて棹が動いているのが分かるでしょうか?

正面から見て右側が後ろに下がっている状態です。

グラグラ棹の動画

分かりやすくアニメーションにしてみました。

これはヒドいです…

棹と胴体をきちんと固定」するのは三線の基本!

このような状態ではまともに弾けないので上達の妨げになるのはもちろん、異音の原因にもなるので楽器として完全に失格です。

棹と全く合っていない棹穴、完全な欠陥品です

棹を外して棹穴をチェック。

穴のサイズを計ってみると、棹のサイズに比べて6ミリも大きな隙間があることが分かりました。

棹の隙間を埋める木片などが脱落した可能性も疑いましたが、胴体の中に落ちている様子もなく、木片を接着したような痕跡も全くありませんでした。

状態が分かったら早速修理開始です。

写真は撮る時間がありませんでしたが、棹がきっちり完璧に固定されるように正確に丁寧に、同時に分当ても適切に修理を行いました。

ビシッと調整された三線で、気持ちの良い三線ライフを楽しんでくださいね!

修理に割とよく持ち込まれる組合製の三線

今回の三線は某団体さんの三線でした。

某団体さんの三線は割とよく修理に持ち込まれますが、素晴らしい出来映えの逸品に感心する事もある反面、「材質や皮は上等なのにそれ以外の部分が雑でいいかげん」という物の割合が高いな、という印象があります。

職人さんによる品質のばらつきが非常に大きいのが一番の問題でしょう。

それもそのはず、某団体さんが保証しているのはあくまでも棹の材質のみであり、棹自体の出来映えはもちろん、それ以外の品質に関する保証や規定は何一つありません。

楽器として工芸品として問題のある物がブランド品として出回ってしまう事は、某団体さんにとってもイメージの低下に直結する要因となり、デメリット以外の何物でもないと思います。

「ブランド化に注力するよりも先にするべき事があるのでは?」と心配せずにはいられません。

せっかく高いお金を出して買ったのに、がっかり…
そんな事にならないよう、三線を見る目はしっかりと養いましょう。

写真・文 店主

↓合わせて知りたい「ナビィ三線 上等三線への10のこだわり」↓

上等三線への10のこだわり

 

首里で学ぶ一曲集中三線体験講座

「首里で学ぶ三線体験講座」

首里で学ぶ1曲集中三線体験講座、無事終了!

もう2週間経ちましたが、3月15日(金)~17日(日)に「首里で学ぶ1曲集中三線体験講座」を開催いたしました。

昨年末、小禄で開催後、二度目の講座でした。

今回はairbnb(エアビーアンドビー)で探したお庭もお部屋も素敵な一軒家を借りて開催致しました。
写真をご覧のとおり、とても素敵な場所でしたので、ご参加の皆さまにも喜んでいただけて嬉しい限りです。
時間をかけて探した甲斐がありました^^
お宿の詳しいご紹介はまた別の日に。

今回は「ポップスクラス」「民謡クラス」に分けての開催でしたが、どちらも同人数くらいご参加いただきました。

まだ2回目の開催ということで至らぬ点も多々あったかと思いますが、
ご参加いただきました皆さま、どうもありがとうございました!!
あらためて御礼申し上げます。
一曲集中ということでポップスクラスは「海の声」を中心に、民謡クラスは「安波節」を。

さて、それでは今回の様子を少しずつ。
民謡クラスの午前にご参加いただいたT様は、6月にコンクール新人賞「安波節」で受験されるということで3日間連続でのお申し込みをいただき2日間は基礎をみっちりと。
3日めは 「練習はひとりでもコツコツとやっていくので、コンクール経験者からのアドバイスがほしい」 とのことで、コンクール本番で気をつけた方がよいこと、本番に向けた練習などのアドバイスをさせていただきました。
目線はどこに…とか細かいところですね。

基礎のキの部分では、 例えばですがバチの向きや動きなど どうしてこうするのか…も納得がいかれたようで気づきが多かったと喜んでおられました。
「カルチャースクールや研究所ではこういう細かいことまでは教えてもらえない(人数も多いし時間もない)から、初心者のためにこういう教室をまた開催してほしいし続けてほしい」とも言われていました。

講座のお話しからはちょっと脱線してしまいますが…
カルチャースクールや通常の民謡研究所となると、ほとんどが多人数でグループレッスン的な感じですよね。
なので先生方もなかなかお一人お一人に時間を割くことができず細かいことを教えるのは難しいのかなと思います。
また中には
「工工四を覚えてから来なさい」
「一曲弾けるようになってから来なさい」
という先生方もいらっしゃいます。

「え~、そこから教えるのが教室じゃないの?」
と以前は思ったものですが、
よくよく考えてみると看板は「教室」ではなくて
「○○○民謡研究所」
「○○○古典音楽研究所」
と書かれているので、あくまでも民謡や古典音楽を研究する場であって教室ではない、ということなのかもしれないなと最近は考えています。

お店では開店以来、約15年三線体験を行っておりますが、
「三線教室が近くになく独学をするしかない」
「通い始めたけどついていける気がしない」
「1年通ったけれど弾けている感覚がつかめなかった」

という声やご相談を受け、おひとりおひとりに添った個人レッスン的なものを行うようになりました。
こちらが予想以上に好評で、こういう超初心者向けの教室を開催してほしい、短期でもいいから開催してほしいという声をずっといただいてはいたのですがなかなか腰があがらず。
最近、そういう声が非常に多くなってきたため、前回から教室に通い始めてもついていけるような「超初心者向けの講座」を開催することにしたのです。

工工四(三線用楽譜)を読むことはもちろん
・教室に通う前に覚えておいた方がいい基礎の基礎
  ①三線の構え方
  ②バチの持ち方、絃の弾き方
  ③勘所の押さえ方、手の形
・基礎の基礎を身につけるための練習方法
  ① 構えをしっかりするための練習方法
  ②右手:バチをしっかり支え、向きなどに配慮しながら絃を弾く練習
  ③左手:勘所をしっかり押さえながら覚えていく練習方法


なぜ?そうした方がいいのかなども理屈も交えてお教えしています。
理屈がわかると理解も深まりますし、スポーツと同じで
「そこを意識して練習する」ことがとても大切になります。

今回、民謡クラスに参加されたU様も三線に触れるのが十年ぶりくらいということですっかり忘れてしまったので、もう一度やり直してみたいということでご参加されていました。
なるほど~と思われることがいくつかあったようです。
県外からお越しいただいたS様も独学でわからないことがあったようですが、 いろいろとあった謎がとけ、理解できたことが楽しかったと仰っていました。
自宅に戻られてからしっかり練習されるとのことでした。

講座修了後すでに2週間以上経ちましたが皆さま、練習は続けられておられるでしょうか。

T様、コンクール頑張ってくださいね!応援しています!

さて、 ポップスクラスの方ですが「超初心者」「ほぼ初心者」「独学」 の方と様々でした。

市内からご参加のA様、「海の声」はフォレスト牧志での三線体験教室で体験されてからサビはほぼ弾けていました。
なので今回は一曲を通して弾けるよう、まずは弾きやすく直した工工四を使っていただいたら弾きやすくなったと喜ばれていました。
その後はメトロノームでリズムを保つ練習まですすみましたが苦心していたようです。

2日目は市内からご参加のM様、K様。
おふたりとも最初はたどたどしいながらも少しずつ音になっていく感じがつかめたようです。
最後は楽しそうな笑顔で記念撮影!

アメリカからご参加いただいたK様、長期間日本を離れていたとのことで「涙そうそう」「海の声」などの曲も知らないとのことでしたので「きらきら星」を練習していただきました。
私たちからすると弾けているように思いましたが、ご本人はいかがだったでしょうか。

まったくの偶然なのですが、1日め、2日目のポップスクラスは男性のみのご参加。
最終日はO様、Y様と女性のみ(お二人とも沖縄の方)というふうに分かれていたのがちょっと面白かったです。

Y様は独学で弾かれていたとのことで、少しクセがあったのでクセを直す練習方法で練習していただきました。
弾きづらいと感じていたのは手が小さいだけでなくクセがあったからだとわかって左手の形を練習されたらずいぶん、弾きやすくなったようです。
O様は、三線とはまったく関係ない講座で出会った私のお友達。
お友達が参加してくれるというのはまた感慨ひとしおでした♪
三線をいたずらで触ったくらいで弾いたことがないと言われてましたが、さすが普段お子さん達のスクールで教えているだけあって呑み込みが早くて感心しました。
小禄ではO様の娘さんが参加してくださり、おふたりで弾けるようになりたいとのことでした。
彼女のことですから帰ってから、しっかり練習を続けていることと思います。
首里で学ぶ一曲集中三線体験講座の3日間の様子を
まとめてみたつもりですが、いかがでしたでしょうか。

次回は那覇市松尾のにぎわい広場(現在、牧志公設市場建築中)の近くで
6月25日(火)、26日(水)開催が決定しています。

時間など詳細は近日中に。
決定しているのは1日に3回、1回2時間。
1回の参加でも、連続の参加でもOKです。

今回も「民謡クラス」「ポップスクラス」とに分ける予定です。
3回目の時間帯はお仕事帰りの方にもご参加いただけるような時間帯を予定しています。

教室やカルチャースクールに通ってみたものの、すぐについていけなくて諦めてしまったあなた、
基礎のキからやってみたいあなた、
自分にも弾けるかな?弾いてみたいな~というあなた、
ご参加をお待ちしていますね!

【お問い合わせ先 】
ナビィ三線
那覇市牧志3-9-11
tel:098-861-3494


お問い合わせフォームからはコチラ → http://www.nabbie.com/postmail/postmail-inquiry.html

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 次回の開催場所の中はこんな感じです ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

三線界のパガニーニ!?

三線界のパガニーニ !?

お店に時々お越しになる県立芸大に通われているお客さまから、驚きの演奏秘話をお聞きしたのでご紹介します

先日、彼女の演奏をとても楽しみされていた方々がいらっしゃる場所で
演奏中に女弦が切れてしまうアクシデントに見舞われたそうです

皆さまが、この日をとても楽しみにされていたのに演奏出来ないなんて…
弾けないなんて言えない…

お母様が「どうしよう?」とご本人に聞いたところ

「大丈夫!弾く!できる!!」と

そして…

なんと!!

「ほかの弦で女弦の音を補って演奏を続けた」のだそうです

すごい!

しかも「事前にそういった練習は、まったくしていない」との事なのでさらに驚きです

卓越した技術はもちろんですが、視覚が不自由な分、他の感覚が研ぎ澄まされているのですね

“三線界のパガニーニ!?” の続きを読む

年末の三線体験講座 in 小禄

年末の三線体験講座~ナビィ三線
ナビィ三線による年末の三線体験講座

ナビィ三線による「 年末の三線体験講座 」を開催します!

ティン トゥン テン トゥン タン トゥン テン~♪ ← 何の曲かわかる方!(わかったらスゴイ!)
と心地いい音をご自分の手で響かせましょう~

こちらでのご紹介が遅れてしまいましたが、12月30日那覇市は小禄のアーストリップさんにて開催致しますよ。

今回は。。。

三線教室に通ってはみたけれど、ついていけなくて辞めてしまった…
教室に通い始めたけれど、ついていけてない…
独学で弾いているけれど、このままでいいのかわからない…
クセがついていると言われた…
構え方やバチの持ち方、弾き方など基本のキを詳しく知りたい!

という方を主な対象としています

基本をしっかり抑えると上達が早くなりますよ~
自宅に帰られてからの練習方法などもバッチリお教えしちゃいます♪
クセがある方はクセの直し方の練習方法も。

基本をばっちり抑えて年末年始にたっぷり練習!!
年明けに上達ぶりを皆さんに披露してビックリさせちゃいましょう♪
新年会や春先の卒業パーティー、送別会に向けての練習を今からというのもアリですね!

あ、そうそう三線にまったく触れたことがないけれど、弾いてみたい、という方もご遠慮なく。

ただ今回は、第一部は「安波節」「安里屋ユンタ」などの琉球民謡系の曲を予定しています。
第一部は、あと1名様までの予定、ひとまずはご相談くださいね。

第二部は、「海の声」「涙そうそう」などの曲でもOKです。

年末の押し迫った日でお忙しい方も多いとは思いますが、お時間をつくってご参加いただけたら嬉しいです~

来年の3月15日(金)~17日(日)には古島の一軒家にて開催を予定しています。
そちらは詳しくは年が明けてからお知らせ致しますね!

30日当日の連絡先は、お申し込みいただいた方のみにお知らせ致します。

それでは、当日、お会い出来るのを楽しみにしていまーす♪♪

=================
ナビィ三線
沖縄県那覇市牧志3-9-11
☎︎ 098-861-3494
http://wwwnabbiecom
営業 11:00〜20:00
定休 火曜、水曜、木曜
=================

お問い合わせはこちらからでもどうぞ~↓

 

★年末に向けて 三線の修理 ラッシュ?!

唄口の修理

============
 三線の修理ラッシュ
============

蛇皮の張り替え
三線の蛇皮の張り替え

先月下旬ごろから三線の修理ラッシュが続いています。
店頭へのお持ち込みはもちろん、ご送付いただいての修理も…
同じ日に三線が2件届き、カラクイが2件届き、お持ち込みが3件なんていう日もありました。
なので狭いお店がさらに狭い状態に…なっていました。
.
.
今もそれに近い状態が続いておりますが、現在のところほんの少し落ち着いたかなという感じですね。

私たちは三線の「修理」と言っていますが、ギターや他の楽器の場合には「リペア」とも呼ばれていますね。
他の楽器を演奏されている方には「リペア」と言った方がわかりやすいかもしれません。

皮の張り替えにカラクイの修理、唄口の修理、分当てと…
いつもなら、皮の張り替えばかり、カラクイの修理ばかり、なんてことが続くのですが、今回はどれも…という感じです。

なので届いたその日に封を開けられず、数日してからやっと開けられるという。
そんな状態ですので、お届けまでにしばらくお時間がかかることがあります。
修理をお申し込みいただいた皆さま、大変申し訳ございませんが、しばらくお待ちくださいませ。

“★年末に向けて 三線の修理 ラッシュ?!” の続きを読む