割れた歌口の交換修理

今日の修理依頼は、歌口の交換修理です


男弦の部分から完全に割れてしまってますね。。。
音を鳴らすと、割れが原因と思われるビビリ音も発生しています。

ここまでダメージのある歌口は修理が出来ないので、新しく作り直しになります。


まずは歌口を外して、溝をきれいに掃除します。

よくありがちなのが、溝に塗装が残ったまま歌口を無理矢理押し込んでいるパターン。

このような場合は、歌口が溝の奥まできちんと入っていない事が多いので、弦の圧力で徐々に押され、ある日突然不具合が起きることもあります。

三線をお持ちの方はチェックしてみてください。


荒削りした新しい歌口を溝にはめた所です。

溝の奥まで隙間なくピッタリと入っているのが分かるでしょうか?


歌口の高さは後から仕上げ削りをする事を考え、1ミリ強出しておきます。


歌口に溝を刻みます。

まずはガイドを使って歌口の溝の位置を正確に書き記します。


ガイドと照らし合わせながら、慎重にヤスリで溝を削ります。


溝を削り終わりました。

弦の太さに合わせて溝の幅を調節することはもちろん、弦が当たる部分の角を丸く削り、弦へのダメージが最小限になるように仕上げるのが当店の特徴です。

また、直線はまっすぐに仕上げ、ヤスリの削り跡なども残らないようにするなど、見た目の美しさにもこだわって仕上げます。

(今回の三線は溝自体が曲がっているので、歌口も溝に合わせて若干のカーブ調整を施しています)


弦を張って修理完了!

ビビリ音も綺麗に消え、良好な健康状態になりました。
ストレスの無い三線は上達への近道です。

Tさま、今後とも楽しい三線ライフをお送りください!(^^)

あなたの三線は大丈夫?

三線の健康状態を長く保つために、三線ドックを受けてみませんか?

棹や皮の状態はもちろん、ブーアティー、塗りの状態、カラクイの削り具合、歌口の状態、弦や糸掛け・ウマに至るまでを徹底的にチェック!

検査結果によって修理や調整が必要な場合は、修理内容や費用・期間などもお知らせします。

三線ドックのお申し込みはこちらのフォームから
http://www.nabbie.com/postmail/postmail-repair.html

料金:3,000円(一丁)
所要日数:2~3日(配送期間を除く)

※お電話でもお申し込み・お問い合わせいただけます
098-861-3494ナビィ三線へ電話をする

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です