本皮から強化張りへ張り替え修理 1224

蛇皮(本皮)の張り替え依頼をお受けしました。

「おばあちゃんの三線を修理して、今後は自分が活用したい」とのことで、破れる心配のない蛇皮強化張りへの張り替えを選ばれました。

上は表面 ↑

下は裏面 ↓


早速、剥がし作業からスタート!

端っこをある程度浮かせれば、あとは手でも簡単に剥がれます。


綺麗に剥がれました。
当店では基本的に皮を破り捨てたりはしませんが、今回は故人様の三線なので普段よりも少しだけ気を付けて剥がしました。


チーガに残った補強の布を剥がします。


剥がす物を全部剥がしたら、次は接着剤を削り落とします。


表面に残った接着剤を全て削り落とし、チーガが綺麗になりました。


皮を張る前に、棹と胴体の分当てを確認します。
角度は問題ありませんでしたが、隙間があるのが几帳面な店主には我慢なりません。(^^;


隙間の程度にもよりますが、今回は黒木の粉で隙間を埋めました。


皮を張ります。
詳しい皮張りの行程を知りたい方は「三線の蛇皮ってどうやって張るの?」をご参照ください。
「三線の蛇皮ってどう張るの?」リンク先はこちら →   http://www.nabbie.com/info-kawahari.html


隙間を埋めた甲斐あって、綺麗にピッタリ接合されました。


これで張替え完了です!

H様、お待たせしました。
新しい皮と新しい音色で、末永く三線ライフを楽しんでくださいね!(^^)

(画像・文:店主)


★ 皮の張り替えのご依頼はこちらから → http://www.nabbie.com/postmail/postmail-repair.html

★ 張り替え・修理価格についてはこちらをご参考に→ http://www.nabbie.com/info-repair.html

ナビィ三線
沖縄県那覇市牧志3-9-11
tel:098-861-3494

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です